基本的な虫歯の歯科治療

基本的な虫歯の歯科治療ですが、虫歯の進行度合いによっても処置は異なります。歯の虫歯治療は現実に目を背け、虫歯を放っておいた時間が長期化するほどに、歯の状態が悪化していきます。

歯科での治療を先延ばしするほど、治療期間も治療費用もかかるものです。

虫歯はその歯だけを悪くするのではなく、まわりの健康な歯への悪影響も広がりを見えるようになります。


虫歯がひどくなれば、よく噛むことができなくなりますから、胃腸などの消化器官への負担も大きくなります。

結果的に全身への負担をかけることとなりますから、虫歯の症状を感知したら、歯科医院へ行きましょう。虫歯がまだ神経までは達していない場合、虫歯はまだ小さい状態です。


ほんのわずかな虫歯を軽く消すって、自分の歯の色と同じ色のプラスチックを、削った部分へと流し込みます。

マイクロスコープの歯科情報探しならこちらをご確認下さい。

簡単な治療ですから、1回だけの治療で済ませることができます。
虫歯がもっと大きくなってしまうと、1日だけの歯科治療では終わりません。


虫歯を削ったあとに、その場所に詰め物をしないとならないので、そのための詰め物作成に時間がかかります。
その日は虫歯を削ったら、詰め物をつくるために、歯型を取る作業もあります。



歯に穴があいている期間は、仮の詰め物を利用して覆います。

詰め物が出来上がるまでには、だいたい1週間くらいかかります。

エキサイトニュースに関する情報をすばやく探せます。

2回目の歯科医院受診の時に、仮の詰め物をはずして、できた詰め物を削った箇所へ装着します。

実際に装着をしたら、かみ合わせなどをチェックして、高さなども調整します。